竹内アンナ

Anna Takeuchi

Data

生年月日
1998年4月25日
出身
アメリカ・ロサンゼルス / 日本・京都在住

Official site

SNS

出演依頼

1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都在住。
幼少より親の影響で70年代や80年代の音楽に触れ、中学1年生でギターを弾き始める。
アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演。
合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加し、ライヴ会場だけで200枚近くのCDを販売する。
帰国後、アメリカで販売していた「alright」を地元関西のCDショップ限定で急きょリリース、デビュー前にも関わらず表題曲「alright」が全国のラジオ局で大プッシュされる。
同年、8月8日にテイチクエンタテインメントより4曲入りE.P『at ONE』でメジャー・デビュー、収録曲「ALRIGHT」の勢いは更に加速し全国22ヶ所のパワープレイを獲得。
2019年1月23日には2nd E.P『at TWO』をリリースし「Free! Free! Free!」がサブスクリプションで支持をされ、多くのプレイリストで共有される。
6月26日には『at THREE』をリリース、短いスパンでの発表になるが、前作以上に洗練されたサウンドと従来のイメージに捕らわれないアプローチで、ソロ・アーティストとしての開進を続けている。


Born in Los Angeles in 1998 and raised in Kyoto (Japan), Anna Takeuchi is a singer-songwriter currently pursuing a music career while still in college. Anna was influenced by her parents at a young age with music from the 70's and the 80's. She decided to start learning guitar when she was in junior high school. In June 2017, Anna won an audition contest hosted by Sony Music Artists, an artist management company of Sony Music Japan group, and Teichiku Entertainment, a Japanese major music label among 10,000+ contestants. Anna the Cinderella girl gathered much attention in one night and is still in the midst of attracting a wider attention. With her unique playing style on the acoustic guitar and her clear singing voice, Anna made her stateside debut at the famous SXSW in March 2018, along with a 7-cities tour and sold over 200 CDs during the tour. Emerging as the next generation singer-songwriter, 20-year-old, and a college student, Anna sings songs that hold hopes and anxieties, swinging between freedom and responsibilities, and resonating with the people of the same generation.

© Sony Music Artists Inc. All Rights Reserved.