矢野顕子

Akiko Yano

SNS

出演依頼

1976年、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビュー。
以来、YMOとの共演や様々なセッション、レコーディングに参加するなど、活動は多岐に渡る。
rei harakamiとの「yanokami」、森山良子との「やもり」をはじめ、石川さゆり、上原ひろみ、YUKIなど、様々なジャンルのアーティストとの共演も多い。
近年の活動では、
2016年、ソロデビュー40周年を迎え、所属レーベル・事務所の垣根を越えたALL TIME BEST ALBUM『矢野山脈』をリリース。
20174月には、上原ひろみとLIVEアルバム『ラーメンな女たち-LIVE IN TOKYO-』をリリースし、全国にて白熱のピアノセッションを繰り広げた。
6月、NHK総合 ドラマ10「ブランケット・キャッツ」の主題歌に新曲『Soft Landing』が起用され、同楽曲の配信限定リリースがスタート。
11月、7年振り5作目となる弾き語りアルバム「Soft Landing」をリリースし、毎年恒例のさとがえるコンサートとしては10年振りとなる“ソロ弾き語り”でのツアーを開催した。
201811月、毎年夏のWill LeeChris Parkerとのトリオが10周年を迎え、限定ライブ盤をリリース。幅広いジャンルのアーティストとコラボレーションしたアルバム『ふたりぼっちで行こう』をリリースし、年末のさとがえるコンサートに、松崎ナオ、大貫妙子、YUKI、奥田民生、細美武士の各氏を各地のゲストに迎えた。
2020年、三味線奏者の上妻宏光と新ユニット「やのとあがつま」を結成、民謡をモチーフに新たな音楽を提案したアルバム『Asteroid and Butterfly』をリリース。3月には、お笑いコンビカラテカの矢部太郎原作で話題を集めた漫画「大家さんと僕」のアニメ放送で主題歌を担当。配信シングル「大家さんと僕」をリリースした。9月には、NYと日本でリモート録音した楽曲「愛を告げる小鳥」を配信限定リリース。また、宇宙飛行士の野口聡一さんとの対談による書籍「宇宙に行くことは地球を知ること」が、光文社新書より発売中。

© Sony Music Artists Inc. All Rights Reserved.