NEWS

公開セミナー 第45回 名作の舞台裏 ドラマ人間模様「太陽の子~てだのふあ」出演!!

2017/11/27

公開セミナー
第45回 名作の舞台裏 ドラマ人間模様「太陽の子~てだのふあ」

ドラマ番組のスタッフや出演者が、自ら制作した番組を振り返る人気公開セミナー「名作の舞台裏」第45回は「事件」「夢千代日記」「あうん」等、数々の名作を生んだ、NHK「ドラマ人間模様」枠で放送された「太陽の子~てだのふぁ」を取り上げます。
  ——―今ある「生」がどれほどたくさんの「死」や「悲しみ」の果てにあるか、神戸に住む天真爛漫な小学生、ふうちゃんと沖縄出身の家族の暮らしを通じて、沖縄と日本の戦後に新しい問いかけを発した、灰谷健次郎の児童文学をドラマ化したもので、1982年度芸術祭参加作品。

【番組概要】神戸港近くの沖縄料理店「おきなわ亭」が舞台。そこに集まる沖縄出身の人々の「心」を、料理店を営む夫婦の娘で、店の人気者ふうちゃんの目を通して伝えた。心の病に苦しむ父、片腕を失ったロクさん。ふうちゃんは、戦争が沖縄の人々に与えた悲しい現実に気付いていく。「てだのふあ」は沖縄の方言で「太陽の子」の意味。小学生のふうちゃん役は、100人を超えるオーディションの中から長谷川真弓が選ばれた。両親役には中村玉緒と井川比佐志、ふうちゃんとともに、沖縄の人々の暮らしや戦争について考えを深めてゆく、心優しき先生役で岸部一徳が出演している。(1982年10月17日~11月14日放送・全5回/NHK)

日  時 : 2018年1月13日(土)13時30分~16時30分(13時00分開場)
※番組上映のあと、ゲストによるトーク
会  場 : 情文ホール(横浜情報文化センター6階)
ゲ ス ト : 中村玉緒 (出演)、長谷川真弓 (出演)、重森孝子 (脚本)、菅野高至 (演出)
司  会 : 渡辺紘史(演出・放送人の会)
主  催 : (一社)放送人の会、(公財)放送番組センター
入  場 : 無料(抽選で200名)
応募方法 : 往復はがきに ①催事名(「太陽の子」)②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業 ⑥人数(3名まで)を
記入し、12月25日(月/必着)までに、放送ライブラリー『名作の舞台裏』係宛郵送。
放送ライブラリーのホームページでも受け付けています。(http://www.bpcj.or.jp/
※ご提供いただいた個人情報は、本催事の抽選の結果をお知らせする目的のみに使用します。

申し込み・問い合わせ先
〒231-0021
横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内
放送ライブラリー

TEL:045-222-2828 


PAGETOP